ページのトップへ

サレジオ会 日本管区 Salesians of Don Bosco

「発達障害と青年期の課題」 講演会のお知らせ


(管理人発です。)

【人間と発達を考える会】第5回講演会のお知らせ
 「発達障害と青年期の課題」

「人間と発達を考える会」は、佐藤幹夫の呼びかけにより、児童精神科医師、哲学、
地域福祉、教育、臨床心理、福祉行政、児童福祉、児童養護施設や障害者施設など
の、多彩な現場の人々をメンバーとして構成されています。

これまでこの会では、障害を持つ人々の特性とはなにか。彼らがときに大きな困難に
ぶつかったり、法に触れる行動を犯したりしたときに、支援者はどんなふうに寄り添
えばいいのか。また、つながりあう社会とはどんなものか、などといったテーマを取
り上げて講演会を開催してきました。

今回は、〝発達障害ブーム〟と言われ、〝問題〟だけが独り歩きしている感の強い昨
今、「青年期の発達障害」について、もう一度基本から考えてみたいと思い、このよ
うなテーマ設定をしました。発達障害であることの、いったい、何が問題なのか。診
断名はそもそも必要なのか。このような問題も視野に入れながら、滝川一廣、小林隆
児両氏を中心として考えていきたいと思います。お二人はこの会のスーパーバイザー
を務めいただいていますが、〝子ども臨床〟四十年に及ぶ、文字通りのエキスパート
です。

教育、医療、福祉、司法、心理など支援職関係の方々。御家族、このテーマに関心を
お持ちの方など、多くの方々の御参加をお待ちしています。

●日時:2012(平成24)年4月22日(日)13:00~17:40
●場所:東京医科大学病院(小講堂)*お間違えのないよう御注意ください
(地下鉄丸の内線 西新宿駅より徒歩3分 - 別紙参照)
●参加費用 2000円
●日程
12:30  受付開始
13:00  開始・挨拶(西 研 東京医科大学教授・哲学)
13:10  報告 「『青年期の発達障害をどう考えるのか』の取材から」
佐藤幹夫(フリージャーナリスト)
13:50  講演1 「青年期に特有の難しさとその支援」
滝川一廣(学習院大学教授・児童精神科医)
15:10   ― 休憩 ―
15:25  講演2 「関係から見た〝青年期の発達障碍〟といわれるもの」
小林隆児(西南学院大学教授・児童精神科医)
16:55  会場との質疑応答
17:30  終了 (挨拶 西研)

●募集人員 120名(事前申し込みが必要です。定員になり次第、募集を打ち切り
ます)。
●連絡及び問い合わせ先 「人間と発達を考える会」事務局
 佐藤幹夫  メール:miki-kiga@kif.biglobe.ne.jp

佐藤幹夫:フリージャーナリスト。
 著書に『青年期の発達障害とどう向き合うか』(PHP研究所)、『17歳の自閉
症裁判』(岩波現代文庫)他。
滝川一廣:学習院大学教授、精神科医。
 著書に『「こころ」の本質とは何か』(ちくま新書)、近刊に『「こころ」はどこ
で育つのか』(洋泉社・新書y、佐藤幹夫との共著)他。
小林隆児:西南学院大学教授、精神科医。
 著書に『関係からみた発達障碍』(金剛出版)、『自閉症のこころをみつめる』
(岩崎学術出版社)他。
(*会場で、割引にて書籍販売をいたします)

交 通 :
●JR、小田急線、京王線:「新宿駅」西口 徒歩約10分
 (地上ではなく小田急ハルク横沿いの大歩道橋を渡るのが近道です)
●西武新宿線:「西武新宿駅」 徒歩約10分
●丸ノ内線:「西新宿駅」(東京医大病院前) 徒歩約1分
●都営大江戸線:「都庁前駅」 徒歩約7分
*会場は「東京医科大学病院」です。ご注意ください。